生花が伝えるメッセージ

かつては、電報と花というと、メッセージを記した用紙を押し花で飾られた台紙に入れて送るというイメージがありましたが、今は本物の花を一緒に送ることのできるサービスが充実しています。特に、生の花を送るフラワー電報はいずれの会社でも力を入れている分野です。

電報に添えるという形ではなくても、花は古くから、送り手の気持ちを込め、また相手の気持ちに寄り添う手段として広く用いられてきました。現代では、電報を送るのは相手の特別な場面に参加できない場合が多くなっていますが、電報に添えられた花は離れたところから相手を思い、お祝いやお悔やみの場を演出する手段として多くの人に選ばれています。

先に挙げた押し花やプリザーブドフラワーなど、電報に添えることのできる花の形式はさまざまですが、生きている花には他にはない強い力があり、贈る相手への言葉以上の気持ちを印象的に伝えてくれます。また、花であればこその特徴として、種類や色などの選択の幅が広いことが挙げられます。お祝いの席なら季節に合わせて、また相手の好きな花を選ぶことも可能ですし、お悔やみの席なら相手の心に寄り添い、なぐさめる気持ちを穏やかな色に込めることができます。

電報を送ることそのものは、現代ではある意味では儀礼化しているところがあります。そんな中で添えられる花は、単なる儀礼ではない送り手の気持ちを伝えてくれるのです。

Writen by 管理人